大きすぎる胸って、本当に困りますよね。。。

こんなことで、困っていませんか?

  • 太って見える
  • 好みのファッションや下着が選べない
  • 大きいデメリットを納得してもらえず、妬まれる、誘惑してると思われる
  • 走るのに胸が揺れて苦労する
  • 胸目当ての変な男が寄ってくる
  • 胸が重い
  • うつ伏せが苦しい
  • 胸が垂れ気味…

巨乳と言えば、羨ましがられることが多いですが、「大きすぎて困っている」と言うと「自慢かよっ」って言われたり。

酷いときは妬まれたり。男を誘惑して調子に乗ってると思われたりして嫌ですよね。

ピタッとした服も選べないし、かわいいブラもサイズが小さいものばかり…。

 

胸が大きいって言うのはデメリットも多く、困ることも多いのです!

この胸を何とかしたい!と思っているあなたのために、ここでは胸を小さくする方法を下着メーカー勤務である管理人が徹底的に解説します!

胸は何故大きくなるのか?

胸を小さくする方法を解説する前に、まず、胸は何故大きくなるのか?についてご説明します。

大きくなる原因が分かれば、胸を小さくする方法もすんなり納得がいただけますので、是非ご覧ください。

大きくなる原因としては、脂肪と女性ホルモンの2つがあります。解説しますね。

大きくなる理由1.脂肪による影響

胸の大部分は脂肪と乳腺で出来ています。

脂肪が増えると胸の脂肪も増えてしまい、胸が大きくなってしまうのです。

また、脂肪が増えて胸が大きくなってしまったために、胸の内部のクーパー靭帯が伸びてしまい胸が垂れる原因にもなってしまうのです。

大きくなる理由2.女性ホルモンによる影響

女性ホルモンであるエストロゲンは、胸の乳腺を増やす作用があります。

疑似女性ホルモンであるイソブラボンを含む大豆食品を摂取などすると、胸が大きくなってしまう可能性が上がります。

女性ホルモンは必要ですが、分泌が多すぎたりしないよう生活習慣を守る必要があります。

 

まとめると、

脂肪を減らし、女性ホルモンの分泌を抑えること。

これで胸を小さくすることが可能となります!

胸を小さくする(小さく見せる)方法9選!

胸を小さくする方法として、以下の9つがオススメです!

胸を小さくする方法

  1. バストダウンクリームを使う
  2. 胸の脂肪燃焼マッサージをする
  3. 胸の肉を逃すマッサージをする
  4. 運動をして脂肪を減らす
  5. 胸を小さくする体操
  6. 食事に気を付ける
  7. 小さく見える下着を着る
  8. 小さく見える服装をする
  9. 乳房縮小手術を行う

では、それぞれ詳細を解説していきますね。

小さくする方法1.バストダウンクリームを使う

VIVA CUTiE(ビバキューティ)

バストダウン専用のクリームというものが発売されています。

その名も、ビバキューティ。

バストダウン専用ということで、バストの脂肪燃焼によるバストダウン効果はもちろん、垂れたバストや離れたバストなどの形崩れにも効果を発揮してくれます。

美肌成分も贅沢に配合されているので、胸もとても綺麗になりますよ。

私も実際に試してみましたが、ラベンダー系の香りのする気持ちよいクリームでした。

胸を小さくするのに、ビバキューティのクリームは非常にオススメなので、是非検討してみてください。

>>商品の詳細を見る

>>実際に使ってみたレビューを見る

小さくする方法2.胸の脂肪燃焼マッサージ

胸の大部分は脂肪で出来ています。胸の脂肪を減らすことで、バストのサイズダウンを図ります。

マッサージというと、胸を大きくするマッサージを思い浮かべると思いますが、このマッサージは脂肪を燃焼するためのマッサージなので、小さくなることはあっても、大きくなることはありませんので安心してください。

マッサージ方法

    • 胸を持ち、小刻みに揺らしてマッサージをします
    • 左右片方ずつ、10秒を3回やります
    • 朝1回、夜1回の2回やりましょう

大きくやるとバストアップのマッサージになってしまうので、小刻みにするのがコツです。

小刻みにすることで脂肪細胞を活性化し、燃焼しやすくします。

小さくする方法3.胸の肉を逃すマッサージ

通常、バストアップをするときは脇や背中の肉を胸に寄せて集めるのですが、バストダウンをする場合はその逆です。

胸にあるお肉を、背中や脇に逃がしてあげることを意識しましょう!

 

マッサージ方法

    • 両胸を、手で包みます
    • 胸の中央から、脇や背中にお肉を動かすようにマッサージします
    • 胸の全体を、偏りなくしっかりマッサージしましょう

小さくする方法4.運動をして脂肪を燃焼する

運動して脂肪を燃焼させましょう。ただのダイエット方法ではなく、ここでは特におっぱいを小さくするのに有効な運動方法についてお伝えします。

運動1.縄跳び

縄跳びは、胸を小さくするのに最も有効な有酸素運動の手段として有名です。

何度も繰り返しジャンプを繰り返すことで胸が小刻みに揺れ、胸の脂肪燃焼を促すことが出来るのです。

 

縄跳びの目安としては、1日10分を2セット。20分程度を行うようにしましょう。

ただ、何度も飛び跳ねて胸を揺らす運動になるので、行う際は必ずスポブラを使うようにして下さい。

スポブラを使わなければ胸が揺れすぎて、胸の形を保つための「クーパー靭帯」が傷ついてしまい、垂れ乳や離れ乳の原因になってしまいます。

スポブラで胸を固定して行うことで、小刻みな揺れとなりバストダウンを効率よく行うことが出来ます。

 

また、実際に外でやらなくても、家の中で行う「エア縄跳び」でも大丈夫です。

何か持ち手になるようなものを代わりにもって、家で飛び跳ねて運動しましょう。

運動2.ジョギング

長距離のマラソンランナーってみんな胸がスラリとちいさいですよね。

ジョギングをするのも、効率的な有酸素運動となり、脂肪を燃焼できます。

また、ジョギングも上下運動になるため、おっぱいが小刻みに揺れる運動となりますので、

おっぱいの脂肪燃焼にも役に立ちます。

ジョギングをするときも、必ずスポブラを着けるようにしましょう。

運動3.ウォーキング

ジョギングが難しい場合は、ウォーキングでも大丈夫です。

胸が激しく動かない運動なので、胸の垂れなどの形崩れの心配も少ないです。

いつもの駅を一駅歩いてみる、車に乗らず、遠くまで歩く、散歩を趣味にするなどして、歩く機会を増やすだけでもおっぱいを小さくすることは可能です。

小さくする方法5.バストダウン体操を行う

胸を小さくする体操が、youtubeで紹介されていましたので、こちらに掲載します。

是非参考にして、バストダウンを実現して下さい。

また、先ほど紹介した胸を小さくするクリーム「キューティーバスト」を購入した際にも、バストを小さくするためのエクササイズが多数収録されていました。

小さくする方法6.食事

胸が大きくなる原因は、女性ホルモンによる乳腺の増加。

そして脂肪が増えたことによるおっぱいの肥大が原因です。

そこで、それらを解消する食事をお伝えします!

食事1.大豆を減らす

大豆には、疑似女性ホルモンである「イソフラボン」が大量に含まれています。

イソフラボンは本当は美容にも良い成分であり、骨粗鬆症の予防など骨や筋肉の生成にも役に立つ成分ではあるのですが、胸を小さくする場合は大豆製品は減らされることをおすすめします。

豆腐、豆乳、納豆などをはじめとした豆類は、食べ過ぎないようにしましょう。適量で十分です。

食事2.アブラナ科の食材を取る

アブラナ科の食材には、女性ホルモンの分泌を抑えてくれる成分がいくつか含まれています。

アブラナ科野菜がその他の野菜と異なっている一つの特徴は、グルコシノレート含有量が多いことである
グルコシノレート加水分解物のいくつかは、エストロゲンのようなホルモンの代謝や活性を、ホルモンに影響されやすいがんの発症を防ぐように変えている
アブラナ科野菜の摂取が多いとエストロゲンの代謝を変える可能性がある

引用元:https://oregonstate.edu/

グルシノレート化合物がアブラナ科には入っているため、それらが女性ホルモン『エストロゲン』の活性を変えてくれる役割があります。

また、アブラナ科の食材に多く含まれている亜鉛もテストロゲンがエストロゲンに変換される作用を抑えてくれる役割があります。

亜鉛と、グルシノレート化合物の働きによって女性ホルモンの過剰分泌を抑えておっぱいが大きくなるのを抑制してくれる効果があります。

食事3.コーヒーを飲む

胸を小さくするには、コーヒーを飲むのも有効な手段です。

といっても、1~2杯ではあまり効果がなく、1日に3杯以上のコーヒーを飲むと小さくなるようです。

スウェーデン大学のH Jernström (ヘレナ・ジャンストーム)教授は、乳がんとコーヒー摂取量に関する若い女性に対する研究で、1日3杯以上のコーヒーを飲む女性はバストの体積が小さくなったという研究結果を報告しています。

こちらが、その原文の論文です(スウェーデン語)

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2579678/

また、この事実は日本でも多くのメディアで取り上げられ、貧乳になりたくないからコーヒーは飲まない!という女性を多数生み出したのだそうな…。

gooニュース『コーヒーを飲みすぎると貧乳になるって本当!?』

小さくする方法7.胸を小さくする下着を着ける

胸を小さくするため専用のブラがあります。

ワコールの小さく見せるブラシリーズや、セシールのフルカップブラなど有名メーカーからも出ていますが、私がオススメしたいのはルルスマートブラです。

 

こちらは楽天での評価が非常に高く、値段も大手メーカーに比べて安いです。とにかくコスパが良いブラなので、試してみられることをオススメします。

しまむらやユニクロに胸を小さくするブラはある?

しまむら・ユニクロには基本的に胸を小さくするブラは取り扱いがないようです。

小さくする方法8.小さく見える服装をする

着る服によって、印象は大きく変わります。胸が小さく見える服を上手く使って、スッキリとした印象にしましょう。

胸が小さく見える服

黒や紺などの暗い色、収縮色をメインにする

縦縞、タテのストライプの服を着る

デニムやレザーなど、硬めの服を着る

などなど…基本的に、暗い色・縦のストライプ・硬めの素材などの服を意識すれば、胸を小さく見せることが出来ます。

スーツなども、出来れば縦ストライプが入った硬めの物が良いですね。

 

また、首回りを強調する小物を取り入れるのもOKです。

マフラーやストールがあれば、そちらに目がいくので胸を隠すことが出来ます。

 

NGな服装

逆に、胸を強調してしまう服装を紹介します。意中の男性とのデート時に、武器である胸を使いたい場合などはこの服装が良いかもしれません(笑)

胸を小さく見せたい時にはやってはNGですよ。

 

タートルネックや首回りにフリルがある服。

画像引用元 https://josei-bigaku.jp/

セーターなどのタートルネックの服は、胸が強調される代表ですね。出来るだけ、V字ネックなど胸元がスッキリした服を着られた方がよいでしょう。

 

また、縦ストライプは胸を小さくするのに有効な反面、横ストライプは胸が大きく見えるので要注意です。

画像引用元 https://josei-bigaku.jp/

小さくする方法9.乳房縮小手術を行う

自分のバストに強いコンプレックスを持っている人、

「絶対に胸を小さくしたい!」と強い願望を持っている人、

大きいバストに悩んでいる人が最も検索している手術、

「乳房縮小手術」について、最後に触れてみたいと思います。

 

胸を小さくする手術には「乳房縮小手術」という、乳房の一部を「切除」して胸を小さくする方法があります。

一般的に乳房収縮手術とは、乳房の一部、皮膚・脂肪、そして乳腺組織までも切除して胸を小さくする手術です。

 

胸を小さくする手術と一緒に、乳輪や乳頭の形も希望通りにできるし、バストの形を長期的に維持できるので、手術結果に満足している方もいますが、この手術は本当に最終手段です。

 

授乳に大きな障害がでることもあるので、若い女性の方、特に今後子供が欲しい方にはおすすめできませんし、手術には痛みが伴い、医師の技術力によって、バストの仕上がりが大きく変わります。

手術費用は100万~160万で行っている美容外科がほとんどで、規模の大きな手術です。

 

※手術を行う美容外科・クリニックによって様々な手術名称があります。

バスト医療に特化している美容外科「ナグモクリニック」の場合、「乳房吊上術」と「乳房縮小術」の2タイプが紹介されています。

 

切除手術について、「乳房吊上術(吊り上げ術)」「乳房縮小術」について、
こちらの記事内【3 垂れ乳の手術「切除」】以下にて詳しく解説しています。

是非参考にしてみてください。

>>垂れ乳改善、病院や美容外科での手術方法

 

胸を小さくする時の注意点

胸を小さくする際に、これはやっちゃダメ!という注意事項を説明します。

  1. 小さいブラで抑えるのはダメ!
  2. 極端なダイエットはしないこと

これも一つずつ説明しますね。

注意点1.小さいブラで抑えない

本来あるべき大きさよりも小さめのブラジャーを着けていると、胸の形が崩れてしまう危険があります。

胸を常に強く圧迫してしまうので中の組織が崩れてしまい、血液循環も悪くなるので、胸がどんどんハリを失っていきます。

胸が小さくなるどころか、形が崩れて垂れてしまったり離れ乳になってしまったりと悲しいことになってしまいますので、ブラは適正なサイズをきちんとつけるようにしましょう。

注意点2.極端なダイエットはしない

胸は、ダイエットをしても人によってはなかなか痩せない場合があります。

食事制限などをしすぎて、結局肌が荒れてしまった、常にイライラするようになってしまった…などは元も子もありません。

ストレスなく、胸を小さくするための活動を続けるのが一番です。胸が大きい人は、胸の肉が落ちにくいからこそ、胸が大きいのです。

落ちにくい箇所のお肉を落とすのは長期戦になります。長い目で見て、無理なくゆっくりサイズダウンを狙っていきましょう。

高校生が胸を小さく見せるには?

高校生で胸が大きくて困っている方も多いようです。

 

高校生の場合は、制服が決まっていますので、服装で誤魔化すことが出来ません。

なので、まずは胸が小さくなるクリームの使用や、小さく見えるブラを着用することをオススメします。

 

ダイエットも有効ではありますが、注意して欲しいのは、高校生はまだまだ女性として体が成長している時期ですので、過度なダイエットは禁物だということです。

高校生では部活をしている方も多いので、ダイエットをすることで栄養が足りなくなり、運動部の場合は活躍出来ない。

そして肌荒れやニキビの原因にもなってしまう危険性があります。

 

なので、

  • 適度なダイエットを行う
  • 胸が小さくなるクリームを使う
  • 小さく見えるブラを着用する
  • マッサージをする
  • 食事に気を付ける

などなど…基本的には上で挙げた方法と被りますね。

実践していけば、効果が得られるはずです。是非試してみてください!

まとめ

巨乳というのは良いことだけではなくて、デメリットがたくさんあります。

この記事を参考にして、是非胸を小さくして快適な生活を送ってください。

>>胸を小さくするクリームはこちらから購入できます